九州NLPスクール・ホロンハーモニーセミナー一覧NLP日田のヨガ教室整体WEB講座会社概要お問い合わせ

5月 8th, 2018年

花粉症・喘息・アトピーの改善法.2

2018-05-08

【陰陽五行について】


アトピー・アレルギーは『全体表の皮膚の病変』であることはわかりました。


この病気の理解を深めるために、
東洋医学からの視点からみてみましょう。



東洋医学は東洋思想(陰陽五行理論)から成り立っています。


東洋思想は今を去ること二千年以上前?
宇宙の運行、
大自然の変化を観察しつくられた実践思想(理論)です。

それは古びた昔の思想ではなく
現代でも充分に活用でみる『生きた知恵』です。



さて東洋思想のすべてを書くと、たいへんな量になりますから、
今回のテーマに沿ってざっくり書いてみます。


まず身体には陰陽の気(氣)がめぐっている…
と東洋医学では考えます。
(そもそも陰陽の氣から宇宙が成り立っている)


『陽』
『温かい、柔らかい、動きがある 変化しやすい』

『陰』
『冷たい、固い、動かない 変化しにくい』


…と大まかにとらえてください。


わかりやすい例として

太陽は『陽』の代表
氷塊は『陰』の代表

となります。



身体の中にもそういう部分がありますよね。


例えば心臓は常に脈打っています。

『陽』の性質の強い臓器です。


骨はどうでしょうか?

固いですよね。
『陰』の性質の強い部分です。


血液と水はどうでしょうか?


両方とも動きはありますが、血液のほうが温かいですから、
両者をくらべると『血液は陽』『水は陰』となります。


では『水』と『骨』をくらべたら…?


水の方が動きがあるから『陽』となります。
(…『陰』ではない)


つまり『陰陽』は『比較する条件』によって変化する…
そういう捉え方をします。



その『陰陽の氣』が変化し、
形となったのが『五行』といわれるものです。


ご存じの方も多いと思いますが、
『木・火・土・金・水』です。


自然界はすべてこの五元素からなる、
そのように東洋思想では考えます。


実際は五元素からなる、
と書きましたが『五元素の性質』を有していると考えてください。


すなわち、

木・・・木、植物・樹木など。
火・・・火、熱、火山、光
土・・・土、生命を育む大地

金・・・金属・鉱物・ミネラル
水・・・水


この五元素を身体の『五臓六腑(ごぞうろっぷ)』にあてはめます。


五臓とは
・肝
・心
・脾(ひ)
・肺
・腎


六腑とは
・胆
・小腸
・胃
・大腸
・膀胱
そして三焦(さんしょう)です。



五行と五臓の対応は以下のようになります。


木 ー 肝(胆)
火 ー 心(小腸)
土 ー 脾(胃)

金 ー 肺(大腸)
水 ー 腎(膀胱)


(激しく脈動する心は『火』のイメージにピッタリですね)



次に、五臓とそのシンボルカラーというのが決まっています。


・肝(胆)・・・(シンボル色:
・心(小腸)・・・(シンボル色:
・脾(胃)・・・(シンボル色:

・肺(大腸)・・・(シンボル色:白)
・腎(膀胱)・・・(シンボル色:黒)




突然、シンボルカラー(色)が出て来て、
戸惑った人もおられると思います。


でも、目を見開いて周囲を眺めてください。


この世界はすべて “色” がついていますよね!
・・・(仏教では色即是空と表現しています)



“色” は人間の心身に影響を与えることがわかっています。

それがカラーセラピーとして活用されています。


アレルギー病やアトピーを理解する際、
“色” は貴重なヒントになります。



 

IMG_8257




ヨガ・整体・セミナースケジュール
http://holon-harmony.com/schedule/action~month
宮田ひさもちフェイスブック(フォローは遠慮なくどうぞ)
https://www.facebook.com/hisamochi

宮田ひさもちツイッター(フォローご自由にどうぞ。)
https://twitter.com/ISTHayabusa

ホームページ
http://holon-harmony.com/

宮田ひさもちメールマガジン
http://holon-harmony.com/mailmag


WEB講座

ホロンハーモニーへTEL

カテゴリー

アーカイブ

カレンダー

2018年5月
« 4月   6月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031