九州NLPスクール・ホロンハーモニーセミナー一覧NLP日田のヨガ教室整体WEB講座会社概要お問い合わせ

4月 3rd, 2018年

お金に困らないための心得

2018-04-03




『お金に困らないための心得』というのがあります。

一. 大きなお金をくずすのは、一日でも先にのばすこと

一. お札を逆さに入れたり、ハチあわせにしたりせぬこと

一. 財布を幾つか持っていて、それぞれの用途や向きに応じて別にしておくこと


これは現代の覚者、国民教育の父と呼ばれた森信三先生のお言葉です。

 
知る人ぞ知る、とても偉大な足跡を残された方です。

先生は
「たとえお金持ちになれなくても、
お金に困らぬ人間になる義務がある」
と仰っています。


先生は戦前~戦中~戦後の激動期を生き抜かれ、
厳冬の満州から命懸けで帰ってこられた経験をお持ちです。

その辛酸を舐めた苦労から出たお言葉でしょう・・・重みがあります。


さて、現在はどうでしょうか?

株価は乱高下…
国民の経済状態は二極化していると言われています。


お金がたくさんある人は、必ず幸福度が高い…

そう単純な話ではありません。

しかし、無ければ家族もふくめて不都合…
迷惑をかけてしまうのも事実です。



人間はつい、その時の「乗り」や『気分』で必要の無いものを買ってしまいます。

買うと決めたのは自分ですから、
無駄遣いは自分の責任です。


『大きなお金をくずすのは、一日でも先にのばすこと』

それをちょっと一日延ばして「待つ」わけです。

そして冷静に考える・・・

それでも必要なら、
それから買っても十分に間に合うでしょう。



『お札を逆さに入れたり、ハチあわせにしたりせぬこと』

これは、お金を大切に扱うということでしょう。


お金は人間が発明した便利な道具です。
お金のおかげで物々交換しなくてすむわけです。


お金の本質は人の役に立ち、
相手からの感謝の気持ちが形になったものです。

そういう大切なモノを、大切に扱う…そういう心得です。
 

形が乱れると心が乱れる、
お金という道具を大切にする、
昔から伝わる日本ならでは感性でしょう。



『財布を幾つか持っていて、
それぞれの用途や向きに応じて別にしておくこと』



私が今まで人を観察していると、
お金に困っている人ほど、浪費しているという傾向があります。


たとえば、本好きな人が本を買うにしても

1ヶ月の分を決めて財布を分けておくと、
その中身が尽きたら終わりにします。

それ以上使いようがなく、無駄遣いがなくなります。


これをただ、頭で計算するのはダメなんです。
・・・「まあいいか」とあいまいな気持ちになって使ってしまいます。


現実に財布を分けているのが「ミソ」です。


現代ではスマホのアプリに『家計管理ソフト』があります。

それを活用し、出金した額をしっかり把握しましょう。
意識に留めるのが無駄使いの歯止めになります。



ちょっとした心得でお金の無駄遣いは防げます。


『陰陽』の視点で言えば『倹約とは儲ける』こと。

せっせと儲けましょう



IMG_1649




ヨガ・整体・セミナースケジュール
http://holon-harmony.com/schedule/action~month
宮田ひさもちフェイスブック(フォローは遠慮なくどうぞ)
https://www.facebook.com/hisamochi

宮田ひさもちツイッター(フォローご自由にどうぞ。)
https://twitter.com/ISTHayabusa


宮田ひさもちメールマガジン
http://holon-harmony.com/mailmag


WEB講座

ホロンハーモニーへTEL

カテゴリー

アーカイブ

カレンダー

2018年4月
« 3月   5月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930