九州NLPスクール・ホロンハーモニーセミナー一覧NLP日田のヨガ教室整体WEB講座会社概要お問い合わせ

信じることと言(ことば)




自分を信じるとは、どういう状態なのでしょうか…

オリンピックで金メダルをとったアスリートが、よくおっしゃいます…
『自分を信じて練習しました』。


では、金メダルがとれなかったら『信じてないのか』…

そんなことはないでしょう。
信じなかったら、きつい練習など出来なかったはずです。


『信じる』とは手応えのない、はっきりしないものです。


人間はすぐに
『大丈夫だろうか?』
『そんなことムリだ』
『どうでもいい』

…などという、妄想がふつふつと湧いてきます。

この妄想が『信』をジャマしている…といえます。


信じるという字は『言(ことば)』という文字が入っています。

『ことば』は『ひびき』です。

『ひびき』=『音』ですね。

『音』=波動の性質があります。




意識という文字をみてみましょう。

『音』という文字が二つ
『言』、『心』という文字が入っています。


『意のままになる』という表現がありますが、
心をコントロールするには、『音』=『言(ことば)』を意のままにコントロールすることがカギになる…
…そう解釈出来ます。


実はこの解釈は私の捏造ではありません。


言の力、声の力を気づき、それを体系化したのが、
真言密教の祖、空海大師です。


空海はわざわざ自分の宗派に『真言』という文字を加えています。


『真言』とはマントラを唱えるという意味。

空海は主要な著作の中で『声に出して唱える』ことが、
人間の心にとっていかに大切かを繰り返し説いて、
いくら強調しても、しすぎることはない…というぐらい重視していたようです。


声というには『内』と『外』をつなぎます。

自分で発した『音』を自分で聴く
…聴くは『効く』とも書きますね。


外に出て、また自分の身体に返ってきます。

実はこれ、現代では『自己催眠法』のスキルとして
効果が認められています。


やり方としては『ポジティブな言葉』がもちろんいいです。

『大丈夫』
『すべてはよくなる』
『すべては完璧、欠けたるものなし 大成就』


あるいは大自然への感謝の言葉。
・・・『大地さんありがとう』
・・・『山さんありがとう』
・・・『水さんありがとう』
・・・『食べ物さんありがとう』



自分の肉体を生かしている命への感謝の言葉
・・・『肉体さんありがとう』

または今の自分は途絶えることなく続いて来た
命の流れがあるわけですから、その自分の数え切れないご先祖様の方々にたいして
・・・『生かして頂いてありがとうございます。』

などもよいと思います。


自分が気に入る、合うと感じる言葉を“声に出して”唱えてみてください。

・・・唱える前に、少し心を落ち着けるとさらに『効く』ようです。


100回、
あるいは1000回。

1000回といえば途方も無い数に思われますが、
短い言葉なら30分もかかりません。


やってみると、ある瞬間から妄想・雑念が、
それこそ『サーッ』と霧が晴れたように無くなっていく…
そういう瞬間を体験できるかもしれません。

・・・訓練を重ねると、誰でもそれは可能です。・・・


『信』とは『無心』である…
妄想・雑念がなくなる…
無心に何かに集中している…

生かされた命が「今、ここにある」
そういう状態といえるかもしれません。


6749
  


ヨガ・整体・セミナースケジュール
http://holon-harmony.com/schedule/action~month宮田ひさもちフェイスブック(フォローは遠慮なくどうぞ)
https://www.facebook.com/hisamochi

宮田ひさもちツイッター(フォローご自由にどうぞ。)
https://twitter.com/ISTHayabusa

宮田ひさもちメールマガジン
http://holon-harmony.com/mailmag



WEB講座

コメントを残す

ホロンハーモニーへTEL

カテゴリー

アーカイブ

カレンダー

2017年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31